水素水 作用 マウス

水素水がマウスに及ぼす作用に関する研究結果とは?

近年、水素水が及ぼす作用についての研究が行われており、神経細胞の損傷を防いだり、脂肪燃焼効果を促進したり、癌の予防に効果があることが明らかになっています。

日本医大の研究グループによると、水素を飽和状態まで溶かした水をストレス状態にあるマウスに与えた場合、普通の水を与えた場合よりも学習能力や記憶力低下を防止できたとの結果が得られました。

一般的に強いストレスを受け続けると酸化物質が増加して神経細胞が損傷して脳の老化や認知症を発症することがありますが、水素水により脳の老化を予防することができるという事です。



別の報告によると、肥満状態のマウスに対して水素水を与えると血糖値・インシュリン(肥満ホルモン)・体重が減少して寿命が延びたとの結果が得られています。

放射線による癌予防に関する研究もおこなわれています。

致死量である7Svという非常に強い放射線を照射したマウスに対して水素水を与えた結果、30日後の生存率が8割であったという結果が得られています。



これに対して普通の水を与えた方は30日後に20匹中1匹しか生存しませんでした。

癌を発症するメカニズムは放射線障害とよく似ていることから、水素を摂取することは長期的に癌の予防にもつながると考えられています。

水素水の研究はまだ始まったばかりです。今後も水素が及ぼす作用について、多くの事が明らかにされていくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする