水素水 ストレス 関係

水素水とストレスとの関係について

現代社会ではストレスが溜まりやすく、社会で生きている限りストレスから逃れることが出来ませんが、蓄積しすぎると血管が収縮して血流が阻害されていきます。

また、高血糖や高血圧、肥満にもなりやすく、悪玉活性酸素が増える要因にもなります。

体内にある活性酸素は自律神経が崩れるきっかけになるため、過剰に発生してしまう前に取り除いて疾病の可能性を減らす必要があります。



この悪玉活性酸素を無害な水に変換して体外に排出する作用があるのが水素水です。

水素水には代謝機能を高めて疲労回復にも働きかけるという機能もあります。脳と心、酸化ストレスは密接な関係があるため、水素水の抗酸化により心身のケアに繋げることが出来ます。



水素水は医薬品ではありませんが、病気の発生を事前に抑える力があるため、健康補助食品として位置づけられています。

毎日の生活で取り入れることで体内の病気のリスクを自然に抑えていくことが出来ます。



水素水は分子が小さいため、容器を開けた瞬間から少しずつ逃げていってしまいます。

開封した後は一度に300~500ml程度、出来れば常温で飲用して最低でも2か月間継続することで体質やストレスなどの心理的要因の改善になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする