水素水 糖尿病 理由

水素水が糖尿病の予防や改善に効果的な理由

水素水は様々な効能があることで知られていますが、その中の一つに糖尿病の予防や改善があります。

その理由は水素水が活性酵素を除去するからです。



糖尿病の発症は、血中の糖度を抑えるインスリンの分泌量が減少してしまい、血糖値が常に高い状態になってしまうことにありますが、このインスリンを分泌生成しているのが膵臓にあるβ細胞です。

実はこのβ細胞は非常にデリケートで、体内に活性酵素が増えてしまうとダメージを受けて、インスリンの分泌生成が阻害されてしまうのです。

活性酵素が増殖する原因は、ストレスや生活習慣の乱れ、加齢など様々ですが、これによってβ細胞の機能不全が起きてしまうことが糖尿病の主な発症原因となるのです。



そのため、糖尿病の予防や症状改善のためには、機能不全を起こしたβ細胞を修復して、出来るだけ正常に近づけることが重要といえるのです。

それが出来るのが水素水の効能の一つである活性酵素を除去する力なのです。



ただし、当然ですが、水素水を飲んでいれば、どのような生活習慣を送っても大丈夫というわけではありません。

水素水はあくまでも活性酵素を除去して、膵臓のβ細胞をサポートする役割を持つものですので、治療のためには根本的に生活習慣を正すことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする